大阪市北区の歯医者さん「山口歯科」。痛みの少ない虫歯治療のご案内。

大阪市北区の歯医者さん「山口歯科」 大阪北区 天神橋・天満 の歯科医院「山口歯科」へのアクセス!

山口歯科 トップページへ

院長紹介
医院紹介
治療案内
設備案内
メール相談
メール予約
リンク集



診療案内のトップへ

虫歯・う蝕

虫歯は細菌感染症! 患者様に適した虫歯の治療をします。 虫歯はインフルエンザと同じ細菌による感染症です。
皆さんは、虫歯はインフルエンザと同じような病気ですよ!
と言っても、なかなかイメージしにくいのではないでしょうか?

しかし、虫歯が原因で歯を失っている方はとても多く、困っている方は大勢おられます。
8020推進財団「永久歯の抜歯原因調査報告書」より 当歯科医院ではただ単に虫歯の治療をするのではなく、虫歯の恐さ、虫歯の予防方法などをきちんと説明しております。

治療においても、従来のような悪いところをただ削って詰めるのではなく、できるだけ削らない、できるだけ痛みの少ない治療を心がけています。

また、個々の患者様にお口の状況を説明して、よく話し合った上で治療計画を立て、患者様が満足される治療に望んでおります。
当歯科医院の虫歯治療の考え方

  ひとつの歯だけをみるのでなく、お口全体の状態や全身状態を把握しながら治療いたします。
  患者様の状態にあった、より高度な治療内容・技術・材料をお望みの方は、それにふさわしい治療方法をご提供いたします。
  基本的には、希望される部位より治療を行います。
  虫歯の治療で大切なことは“削り過ぎないこと”と“痛みを与え過ぎないこと”これらに対して最大限の努力を払います。


虫歯の進行と当歯科医院の虫歯治療

   虫歯とは?  

 お口の中を不衛生にしていると、歯や歯と歯ぐきの間に細菌が繁殖(プラーク)し、歯の周りにバイオフィルム(薄い細菌の膜)が形成されます。このプラークやバイオフィルムに存在する虫歯菌が生成した酸によって歯質が溶かされる病気が虫歯です。

   治療方法  

 虫歯の進行度合いによって治療方法が異なります。 今の状況を説明し、治療計画を立てて治療します。程度により痛みを伴いますが、できるだけ痛みのない(無痛治療)よう治療します。また、治療は虫歯のリスクが高い方には、除菌治療や歯磨き指導を行い再発防止に努めます。

   むし歯の進行  

CO CO
歯の表面のエナメル質が白く濁って透明感がない状態の虫歯です。削らずにブラッシング指導や再石灰化を促したりし、自然治癒を目指します。フッ素を塗付することで、虫歯になりにくい歯質を作ります。
C1 C1
表面のエナメル質が溶け始めた状態で、これが虫歯の始まりです。エナメル質には神経がないため痛みはありません。治療は、再石灰化の促進が最優先です。再石灰化が進み、虫歯の進行を抑えられれば削らずにすみます。
C2 C2
虫歯が進行して象牙質まで達した状態です。象牙質はエナメル質に比べて柔らかいため進行も早く、虫歯が歯髄(神経)に近づくにつれて、冷たい物がしみるようになります。神経までは達していないため、虫歯におかされた象牙質を除去し、数回の治療で修復することができます。
C3 C3
虫歯が歯髄まで進行し大きな穴が開いた状態です。歯髄の炎症が起こると、ズキンズキンと激しい痛みがあります。炎症が歯髄まで進行してしまうと、歯髄は死んでしまいます。死んだ歯髄や、汚れた象牙質の除去(根管治療)をしっかりおこなうことで、この歯を助けることができます。
C4 C4
歯の頭の部分(歯冠部)がなくなり、歯根だけが残った状態です。すでに歯髄は死んでるので、激しい痛みは感じません。歯根の先に袋状に膿がたまりだし、歯を残すことも困難です。


できるだけ痛くない虫歯治療のために
できるだけ痛くないように虫歯を治してね!
象牙質や歯髄(歯の神経)に進行した虫歯は、細菌に侵された部分を除去するために、歯を削ったり歯髄を除去しなければなりません。
これらの治療は痛みをともなうため麻酔注射が必要になります。

麻酔注射だけでも、歯医者さんは痛そう! 恐い! って思う方がいますが、当歯科医院では最小限の痛みで留めるために、ていねいに治療をするだけでなく、さまざまな工夫を取り入れております。
痛くない虫歯治療の工夫

   表面麻酔で麻酔注射の痛みをやわらげる  

麻酔注射で最も痛みを感じるのは針を刺す時です。
麻酔注射の前に表面麻酔剤を歯ぐきに塗ることで針を刺す時の痛みを緩和することができます。
お子さんの抜けそうな乳歯であれば表面麻酔だけで抜くこともできます。

   体温に近い温度の麻酔液を使います  

麻酔液と体温の温度差が大きいと、その刺激は痛みとして表れます。
麻酔液を温めることで、刺激を緩和し痛みを軽減することができます。

   コンピューター制御の電動麻酔注射器  

コンピューター制御の電動麻酔注射器 麻酔液を注入する時の注入スピードや注入圧力にばらつきがあっても痛みとして表れます。
コンピューター制御の電動注射器で注入圧力と注入スピードを一定にすることで、麻酔注射時の痛みを緩和することができます。
   ていねいな応対とていねいな治療  

歯医者さんは恐い!治療は痛い!といった先入観が肉体的苦痛を助長することはよくあることです。
この先入観を少しでもやわらげるために、治療前のていねいな応対と治療方法や治療計画をきちんと説明することで、治療に対する不安が解消されるよう心がけています。





院長紹介
医院紹介
治療案内
設備案内
メール相談
メール予約
リンク集


Copyright(c) 2006-2017 Yamaguchi Dental Clinic All Rights Reserved.